[龍谷大学龍谷ミュージアム]
シリーズ展「仏教の思想と文化-インドから日本へ-」2 特集展示:近世京都の寺社参詣

長らく続いた戦国の騒乱から、平穏な生活を取り戻した近世京都の町衆は、復興なった寺社への参詣が娯楽のひとつとなりました。多くの名所旧跡を抱える京都は、全国から参詣者や巡礼者を集めていきました。そうした中、京の名所とそこに集う人々を描いた屏風絵や掛軸、摺物が17世紀以降に盛んに制作され、これらの名所絵・遊楽図は、専門の絵師集団のみならず、京の町絵師たちが参画し、平和を謳歌する人々の姿をいきいきと描いています。
この特集展示では、京の名所を舞台とした遊楽図屏風や、京のガイドブックとして出版された各種名所図会などを展観します。そして一部修復を終えた国宝・西本願寺阿弥陀堂の内陣天井画を、特別にご披露します。

展覧会名 シリーズ展「仏教の思想と文化-インドから日本へ-」2 特集展示:近世京都の寺社参詣
会期 2018年7月14日
〜 2018年8月19日
開館時間 09:00 – 17:00

(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(ただし、7月16日は開館、17日は休館)

入場料

一般:500円(400円)
シニア・大学生:400円(300円)
高校生:300円(200円)

※( )内は、20名以上の団体料金
※シニアは65歳以上
※中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方とその介護者1名は無料

URL http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/ser.html
PDF PDF

このほかの 展覧会 [龍谷大学龍谷ミュージアム]

トピックス [龍谷大学龍谷ミュージアム]