[京都大学総合博物館]
京都大学総合博物館20周年記念 平成29年度企画展―標本からみる京都大学動物学のはじまり

 

(チラシの詳細につきましては下記PDF欄にあるURLを参照ください)

 

京都大学は動物学の分野でも世界をリードしています。その研究や教育の歴史において標本が重要な役割を果たしてきました。本企画展では、京都大学の動物学のはじまりについて、1890(明治23)年までさかのぼる標本をもとに新しい視点で探ります。第三高等学校が購入・収集し、現在までの京都大学で教育・研究に活用された標本を展示するとともに、明治・大正期の第三高等学校や京都における動物学を紹介します。京都大学総合博物館は100年以上の標本の歴史を背景に1997年4月に発足し、設立20周年をむかえました。総合博物館が展開している標本を基盤とした新しい博物館学の構築と大学博物館の役割についても展望します。

 

※期間中の展示解説や関連講演会、研究紹介等については当館HPをご覧ください。

展覧会名 京都大学総合博物館20周年記念 平成29年度企画展―標本からみる京都大学動物学のはじまり
会期 2017年6月21日
〜 2017年10月8日
開館時間 09:00 – 16:30

入館は16時まで

休館日

毎週月曜日、火曜日(平日・祝日にかかわらず)

夏季休業日( 8月16日(水)

入場料

入館料

一般400円/高校生・大学生300円/小学生・中学生200円

※20名以上の場合は団体観覧料を適用

※障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1人、70歳以上の方は無料(要証明証)

URL http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0063.html
PDF 京都大学総合博物館20周年記念 平成29年度企画展―標本からみる京都大学動物学のはじまり

トピックス [京都大学総合博物館]