[龍谷大学龍谷ミュージアム]
企画展「因幡堂 平等寺」

 

四条烏丸の南に伽藍を構える因幡堂平等寺。因幡堂は東寺・西寺以降、平安京(洛中)に初めて建った仏堂のひとつでした。「日本三如来」と称され、天竺伝来と伝わる薬師如来を本尊とし、その由緒が因幡堂縁起絵巻に描かれること以外には、因幡堂の所蔵宝物についてはこれまでほとんど知られていませんでした。
本展では、因幡堂伝来の作品を中心に仏像20体が居並ぶなど、重要文化財5件を含む64件の宝物や史料が展観されます。京都在住の方も、京都通を自認する方も、一千年を超える知られざる古刹・因幡堂の全貌を是非ご覧ください。

展覧会名 企画展「因幡堂 平等寺」
会期 2019年4月20日
〜 2019年6月9日
開館時間 10:00 – 17:00

(入館は16:30まで)

※5月11日(土)・18日(土)・25日(土)・6月1日(土)はナイトミュージアム開催のため19時まで開館(入館は18:30まで)

休館日

月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日

入場料

一般800(600)円
高校生・大学生500(300)円
小学生・中学生200(100)円
※( )内は、20名以上の団体料金
※小学生未満、障がい者手帳などの交付を受けている方とその介護者1名は無料

URL http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/ex.html
PDF 企画展「因幡堂 平等寺」

このほかの 展覧会 [龍谷大学龍谷ミュージアム]

トピックス [龍谷大学龍谷ミュージアム]