[大谷大学博物館]
大谷大学のあゆみ 清沢満之と真宗大学


大谷大学は、明治34年(1901)開校の真宗大学にはじまります。初代学監(学長)清沢満之は「開校の辞」において、真宗大学の特質を「宗教学校」、ことに「浄土真宗の学場」として「自信教人信の誠を尽くす人物を養成する」ことにあると明示しました。他の大学が近代的な諸学を求めるなかで、真宗大学は宗教を重視し、「真宗」を明らかにする人間教育の場として、独自のあり方を築きました。
この企画展では、清沢満之、浩々洞、真宗大学東京開校の3コーナーを設け、本学が所蔵する資料から当時を回顧します。

展覧会名 大谷大学のあゆみ 清沢満之と真宗大学
会期 2018年4月3日
〜 2018年5月19日
開館時間 10:00 – 17:00
休館日

日曜日・月曜日・祝日
(4/1は大学入学式のため10:00~15:00開館、
 5/7・14は10:00~17:00開館)

入場料

無料

URL http://www.otani.ac.jp/kyo_kikan/museum/nab3mq000005ox3m.html
PDF 大谷大学博物館 春季企画展「大谷大学のあゆみ 清沢満之と真宗大学」

このほかの 展覧会 [大谷大学博物館]