[龍谷大学龍谷ミュージアム]
平常展「仏教の思想と文化―インドから日本へ―」(第2期)特集展示「追慕抄 九條武子」

九條武子は本願寺(西本願寺)第21世明如宗主(大谷光尊師)の次女として明治20年(1887)に生まれ、やがて男爵・九條良致と結婚しました。その間、真宗婦人会(現・仏教婦人会総連盟)の総裁代理・本部長となり、真宗婦人会の近代化に対して重責を担いました。さらに義姉・大谷籌子の意志を継ぎ、京都女子高等専門学校(現・京都女子大学)の設立に尽力した一方、絵画・華道・和歌などの諸芸にも優れていました。
大正12年(1923)9月、武子は東京・築地別院(現・築地本願寺)で関東大震災に見舞われました。自身が被災しながらも、慰問品の分配や着物の縫い直し、また託児所での子供たちのお世話など、救援・慈善活動を積極的に展開しました。しかし、昭和3年(1928)2月7日、42歳という若さで還浄しました。仏教婦人会総連盟では、この日を「如月忌」と称して、毎年その遺徳を偲んでいます。
平成29年(2017)は、九條武子没後90年にあたります。この展示を通して、九條武子を偲ぶ機縁となり、記憶と記録をさらに掘り起こし、後世に伝えていければ幸いです。

※関連イベント(学芸員トーク・新春イベント)も開催しています。

詳細は
http://museum.ryukoku.ac.jp/
をご覧ください。

主催:龍谷大学 龍谷ミュージアム、京都新聞
後援:仏教婦人会総連盟、学校法人京都女子学園、社会福祉法人あそか会
特別協力:浄土真宗本願寺派、本山 本願寺

展覧会名 平常展「仏教の思想と文化―インドから日本へ―」(第2期)特集展示「追慕抄 九條武子」
会期 2017年1月9日
〜 2017年2月19日
開館時間 10:00 – 17:00

(入館は4:30まで)

休館日

1/17(火)、1/23(月)、1/30(月)、2/13(月)

入場料

一般:500円(400円)   
シニア・大学生:400円(300円)
高校生:300円(200円)

※( )内は、20名以上の団体料金
※シニアは65歳以上
※中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方とその介護者1名は無料

URL http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/sp.html
PDF 平常展「仏教の思想と文化―インドから日本へ―」(第2期)特集展示「追慕抄 九條武子」

このほかの 展覧会 [龍谷大学龍谷ミュージアム]

トピックス [龍谷大学龍谷ミュージアム]