[龍谷大学龍谷ミュージアム]
平常展「仏教の思想と文化ーインドから日本へー」(第1期)

インドで誕生した仏教が日本に至るまでに2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて通覧します。多様な民族の顔に表現されたほとけたちのすがたや、さまざまな言語に翻訳され、異なる文字で記された経典、地域を超えて共有されてきた物語などは、何より雄弁に仏教を取り巻く世界の広がりと繋がりとを伝えてくれることでしょう。

展覧会名 平常展「仏教の思想と文化ーインドから日本へー」(第1期)
会期 2017年7月1日
〜 2017年8月27日
開館時間 10:00 – 17:00

(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(※祝日の場合は翌日)

入場料

一般:500円(400円)   
シニア・大学生:400円(300円)
高校生:300円(200円)

※( )内は、20名以上の団体料金
※シニアは65歳以上
※中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方とその介護者1名は無料

URL http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/sp.html
PDF 平常展「仏教の思想と文化-インドから日本へ-」(第1期)

このほかの 展覧会 [龍谷大学龍谷ミュージアム]

トピックス [龍谷大学龍谷ミュージアム]