[嵯峨美術大学附属博物館]
漫画家 上村一夫の世界 ~昭和の絵師と呼ばれた男~

漫画家・上村一夫(1940~1986)はその作風から「昭和の絵師」と呼ばれる。流麗なタッチの女性像と独特の劇画タッチの画風を確立し、主に大人向けの雑誌を舞台に多くの連載を手がけ、最盛期には月産400枚という驚異的な執筆量をこなした。代表作に『修羅雪姫』、『同棲時代』(映画化)、『しなの川』、『悪魔のようなあいつ』、『サチコの幸』など、映像化された作品も多い。

この企画展では、その上村一夫が残した、デザイナー時代の作品、漫画原稿、イラスト、掲載誌を含む出版物、また貴重な未発表の原稿、習作等を一同に集めることで、その独特な世界の魅力に迫ろうとするものです。

展覧会名 漫画家 上村一夫の世界 ~昭和の絵師と呼ばれた男~
会期 2014年6月15日
〜 2014年7月27日
開館時間 10:00 – 17:00
休館日

6/15、7/27以外の日曜

入場料

無料

URL http://www.kyoto-saga.ac.jp/about/museum/
PDF PDF

トピックス [嵯峨美術大学附属博物館]

  • ※詳細は公式サイトをご覧ください。