[京都産業大学ギャラリー]
第16回企画展「京都の六斎念仏」

京都の夏の風物詩「六斎念仏」。京都の六斎念仏は昭和58年(1983)に国の重要無形民俗文化財に指定され、現在では12団体が継承・保存を行っています。

京都では大きく分けて2つの六斎念仏が伝わっています。鉦と太鼓を叩きながら念仏を唱える「念仏六斎」は六斎念仏本来の姿を今に伝えています。それに対し、「芸能六斎」は獅子舞や狂言など、時代によって流行りものを取り入れ、発展を遂げてきました。

本展では京都で伝えられてきた六斎念仏の歴史や特色、そしてこの民俗信仰を守り、未来へ伝えていこうとする人々の取り組みについて紹介します。

みなさまお誘いあわせの上、どうぞご来館ください。

展覧会名 第16回企画展「京都の六斎念仏」
会期 2018年10月29日
〜 2018年12月8日
開館時間 10:00 – 16:30

火曜~土曜日:上記開館時間

月曜日:13:00~16:30

(入館受付は16:00まで)

休館日

日曜・祝日

ただし、11月11日(日)、18日(日)は開館

入場料

無料

URL https://www.kyoto-su.ac.jp/facilities/musubiwaza/gallery/index.html
PDF

このほかの 展覧会 [京都産業大学ギャラリー]

トピックス [京都産業大学ギャラリー]