[立命館大学国際平和ミュージアム]
第94回ミニ企画展示「日本平和博物館会議 戦後70年共同展示」

2015年は、第二次世界大戦終結後70年目、広島・長崎に原爆が投下されて70年目に当たります。300万人をこえる日本人が命を失い、世界ではおよそ5000万人が犠牲になりました。一方、近年の調査によると、戦後生まれかどうかとはかかわりなく、戦争や原爆についての正確な知識をもつ人の割合は年々少なくなっていると言われています。今から15年前のNHKの世論調査でも、「広島原爆の日」を知っている若者は25%でしたが、全世代を通じての正答率も27%に過ぎませんでした(『放送研究と調査』、2009年)。戦争や原爆が何をもたらしたかについて事実を知ることは、戦争の悲惨さや平和の尊さについて考えるためにとても大切なことです。

「日本平和博物館会議」(1994年結成)の加盟館では、戦争や核兵器について考える節目となる今年、各館が一番アピールしたいと考えていることをそれぞれ一枚のパネルにまとめ、全12枚のパネルを製作しました。国際平和ミュージアムでの開催を筆頭に、全10館を巡回します。

展覧会名 第94回ミニ企画展示「日本平和博物館会議 戦後70年共同展示」
会期 2015年6月3日
〜 2015年6月24日
開館時間 09:30 – 16:30

入館は16:00まで

休館日

月曜日、祝日の翌日

入場料

大人400円(350円)、中・高生300円(250円)、小学生200円(150円)
※( )内は20名以上の団体料金です。

URL http://www.ritsumei.ac.jp/mng/er/wp-museum/event/mini/2015/150528/mini_94th.html
PDF 展覧会ちらし

このほかの 展覧会 [立命館大学国際平和ミュージアム]