トピックス [京都大学総合博物館]
2016Lecture series ー研究の最先端ー           no.142「幸福の神経基盤の解明」

MRIと質問紙を用いて、主観的幸福の神経基盤を調べた我々の研究を紹介します。幸福を感じやすい人は、右半球の楔前部という特定の脳部位が大きいことがわかりました。幸福という主観的な経験を、客観的・科学的に調べることができそうです。

◇佐藤特定准教授からのメッセージ◇

幸福は、人にとって究極の目的となる主観的経験です。脳科学を通して、幸福とは何か、幸福を生み出す心のメカニズムとはどのようなものかについて、示唆から得られればと思います。

【日時】2016.10.8 sat  10:30-11:30

【場所】京都大学総合博物館 1階 ミューズラボ

【講師】佐藤 弥(京都大学医学研究科 特定准教授)

【参加】申し込み不要 参加費無料(ただし博物館への入館料は必要)no142-1008

2016年9月14日