トピックス [京都大学総合博物館]
2017Lecture series 「ムカデはなぜあれほど機敏に動けるのだろうか?―多足ロボットを用いた実験的検証―」

ムカデは多くの足を地面に付けて歩きます。それらの足は地面に拘束されるため、素早い運動の障害となり得ますが、実際はとても敏捷に歩きます。ロボット実験を介して力学的に明らかにした、ムカデのように多くの足を用いた機敏な歩行の仕組みを紹介します。

【日時】2017.10.14 sat 13:30-15:00

【場所】京都大学総合博物館 ミューズラボ

【講師】青井 信也(京都大学工学研究科 講師)

【参加】申し込み不要 参加費無料(博物館への入館料は必要)

2017年9月19日

このほかのトピックス [京都大学総合博物館]