[龍谷大学龍谷ミュージアム]
春季特別展「水 神秘のかたち」

あらゆる生命の根源“水”。地域や時代を超えて、人々は水を敬い、畏れ、そして様々な願いを捧げてきました。とりわけ、四方が海に囲まれ、かつ水源が豊かな日本では、仏教や神道の思想・儀礼が深く関わり合い、水にまつわる多くのほとけや神が信仰されました。たとえば竹生島(滋賀県)や江島(神奈川県)など「水の聖地」の女神とされる『弁才天』や海運の神『住吉明神』、雨乞い祈祷の本尊となった『龍王』などはその好例といえるでしょう。また近世においては、国内各地の水辺の名所を描いた華麗な屛風絵が人々の目を楽しませました。
本特別展では、水に込められた願いや祈りを表した絵画・彫刻・典籍などの名品を通して、日本人が育んできた豊かな水の精神性を紹介します。浄らかな水が生んだ神秘のかたち―その造形美を心ゆくまでお楽しみください。

<関連イベント>

いずれのイベントも参加には観覧券(すでにご覧になった方はその半券)が必要です。
観覧券は当日会場でもご購入いただけます。

○記念講演会(事前申し込み必要) 聴講無料・先着200名

【日 程】

1)4月17日(日) 「平安密教の雨乞いと造形 -神泉苑・龍王・宝珠」
泉 武夫 氏(東北大学大学院文学研究科教授)

2)4月24日(日) 「インドの“水”信仰と仏教」
入澤 崇 氏(龍谷大学文学部教授/龍谷ミュージアム前館長)

3)5月8日(日) 「中国の水と文化」
木田 知生 氏(龍谷ミュージアム館長)

4)5月15日(日) 「水に祈る 神秘のかたち」
佐々木 康之 氏(サントリー美術館学芸員)

【時 間】 13:30~15:00(全日程)
【会 場】 龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール(全日程)

○スペシャルトーク(事前申し込み不要) 聴講無料

展覧会の見どころを館長または学芸員が解説します。

【日 時】 4/16(土)・4/23(土)・4/30(土)・5/7(土) ・5/14(土)・ 5/21(土)・5/28(土)
13:30~14:15
【会 場】 龍谷ミュージアム101講義室

○ミュージアムコンサート(事前申し込み不要) 聴講無料

龍谷大学の学生サークルによる“水”をテーマにしたコンサートを開催します。

【日 時】 4/15(金)混声合唱団ラポール
4/29(金)邦楽部
5/13(金)マンドリンオーケストラ
5/27(金)ジャズ研究会
18:00 ~ 18:40
【会 場】 龍谷ミュージアム B1エントランスホール
※コンサート開催時間中も展示室はご覧いただけます。

○記念シンポジウム(事前申し込み必要) 聴講無料・先着200名

【日 程】 4月10日(日)
【時 間】 13:30~15:30
【会 場】 龍谷大学大宮学舎清和館3階ホール

〈第1部〉基調講演 13:30 ~ 14:20
下村 実 氏( 京都水族館館長)

〈第2部〉パネルディスカッション 14:30 ~ 15:30
パネリスト
下村 実 氏(京都水族館館長)
遊磨 正秀 氏(龍谷大学理工学部教授)
石川 知彦 氏(龍谷ミュージアム副館長)
コーディネーター
木田 知生 氏(龍谷ミュージアム館長)

http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/sp.html

展覧会名 春季特別展「水 神秘のかたち」
会期 2016年4月9日
〜 2016年5月29日
開館時間 10:00 – 17:00

※4/15・4/29・5/13・5/27はミュージアムコンサート開催のため19:30まで開館

※入館は閉館の30分前まで

休館日

月曜日(ただし5/2は開館)

入場料

一般1200(1000)円

高大生800(600)円

小中生400(300)円

※(  )内は20名以上の団体料金

※小学生未満、障がい者手帳などの交付を受けている方及びその介護者1名は無料

URL http://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/sp.html
PDF 春季特別展「水 神秘のかたち」

このほかの 展覧会 [龍谷大学龍谷ミュージアム]

トピックス [龍谷大学龍谷ミュージアム]