[京都外国語大学国際文化資料館]
第6回京の匠展 ー社寺建築の防災ー

第6回京の匠DM_OL-01

「京の匠」展シリーズの第6回目となります本展では、京都での災害(火事、地震、水害など)の歴史を紹介し、社寺建築の防災に使用されている道具や設備の変遷を資料とともに約40点展示いたします。

また、文化財を護る地域の人々の活動や協力の様子も写真パネルにて紹介いたします。
伝統的建造物が身近にある京都から、伝統を守り伝えることの重要性をより知っていただけるよう企画いたしました。

※「京の匠」展では、文友会のご協力のもと、普段は目にする機会の少ない文化財の修復や保存、保護に関する活動の一端をご覧いただいています。過去の展覧会はこちら

 

【関連催事】
ギャラリートーク&ワークショップ
〜”ぼくわたし、ただいま消火中”  放水体験の巻〜
講  師:拝師知行(株式会社大同)・池田博文(能美防災株式会社)・高橋一郎(明和管工業株式会社)
日  時:2015年8月29日(土)午前10時~(約2時間)
会  場:京都外国語大学国際文化資料館・バレーコート前
申 込 制 :先着20名、下記問合せ先にて受付
お問合先:京都外国語大学国際文化資料館 (〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6)
tel:075-864-8741 /  e-mail:umc@kufs.ac.jp

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

The Sixth Kyoto Artisans Exhibition

-Disaster prevention of Temples and Shrines architecture-

 

Date: July 27 (Mon) – September 5 (Sat), 2015.  Admission Free!

Closed on Sundays and Holidays and August 10 to 15

Opening Hours: 10 am to 5 pm

Place: Museum of International Cultures, Kyoto University of Foreign Studies

 

Disaster prevention from the wisdom of people

Focused on the history of people’s disaster prevention, the exhibition will introduce how the cultural properties have been protected.

 

Gallery Talk & Workshop

-Workshop to experience the discharge of water to extinguish fire –

 

Date: August 29 (Sat), 10 am to 12 am

Place: Museum of International Cultures, Kyoto University of Foreign Studies

 

For Inquiries and Reservations to UMC: E-mail, umc@kufs.ac.jp

展覧会名 第6回京の匠展 ー社寺建築の防災ー
会期 2015年7月27日
〜 2015年9月5日
開館時間 10:00 – 17:00
休館日

日曜・祝日・お盆8月10日〜15日

入場料

無料

URL http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=PGxn4pTX
PDF PDF

トピックス [京都外国語大学国際文化資料館]