同志社大学歴史資料館

トピックス [同志社大学歴史資料館]

  • ※詳細は公式サイトをご覧ください。

設立の経緯 [同志社大学歴史資料館]

歴史資料館は1996(平成8)年2月にオープンした博物館相当施設です。

収蔵品は、文学部考古学資料室の研究調査と、今出川・新町・京田辺の各キャンパスの発掘調査で収集された900,000点を超える考古資料や民俗・民族資料などです。また、京田辺校地には天神山遺跡・下司古墳群・都谷中世居館群などの遺跡が保存されており、本館ではそれを公開して、教育・研究に活用しています。

主な収蔵品 [同志社大学歴史資料館]

  • 観音寺山遺跡出土弥生土器・石器群
  • 井辺八幡山古墳出土埴輪群
  • 濁り池窯址出土初期須恵器群
  • 上京遺跡・室町殿・相国寺旧境内出土陶磁器群
  • 京都南蛮寺出土線刻絵画硯
京都南蛮寺跡出土の宣教師を綿刻した硯
和歌山市井辺八幡山古墳出土 人物埴輪