龍谷大学龍谷ミュージアム

展覧会 [龍谷大学龍谷ミュージアム]

トピックス [龍谷大学龍谷ミュージアム]

設立の経緯 [龍谷大学龍谷ミュージアム]

龍谷ミュージアムは、社会に開かれた大学の実現に向け、龍谷大学の創立370周年事業の一環として2011(平成23)年4月5日に開館した仏教総合博物館です。

仏教を中心とした貴重な歴史的文化財や学術資料を収集・整理・保存するとともに、継続的な調査・研究を行い、その成果を広く社会に向けて展示・公開することを目的とします。当ミュージアムでは、年2回の特別展示を行うほか、平常展において、仏教の誕生からアジアへの広がり、日本の仏教の展開までを分かりやすく展示しています。

また、生涯学習や地域住民の交流の場として活用していただき、地域活性化の一翼を担う施設として地域と共に発展することを目指しています。

主な収蔵品 [龍谷大学龍谷ミュージアム]

  • 仏立像 片岩 ガンダーラ出土
  • 仏伝浮彫「涅槃」 片岩 ガンダーラ出土
  • 仏頭部 ストゥッコ ガンダーラ出土
  • 本生図壁画 伝ハッダ出土
  • 地蔵十王図 室町時代
  • 九字名号 南北朝~室町時代
  • 不動明王三十六童子像 南北朝時代
  • 春日鹿曼荼羅 室町時代
仏立像 片岩 ガンダーラ出土
不動明王三十六童子像