[同志社大学歴史資料館]
京都市考古資料館合同企画展「よみがえる京都のYayoi―同大生は見た!!―」


【会場】京都市考古資料館
(京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265-1)
市バス
「今出川大宮」下車すぐ
「堀川今出川」下車西へ徒歩2分
地下鉄
「今出川」下車西へ徒歩15分

同志社大学歴史資料館・考古学研究室では、京都市考古資料館との合同企画展「よみがえる京都のYayoi―同大生は見た!!―」を京都市考古資料館で開催いたします。
 大学の町、京都の多くの考古学専攻生が、古代以前とくに弥生~古墳時代の研究に取り組んでいます。そういった考古学を学ぶ学生の多くの関心にもとづいた展示を企画しました。本格的水稲農耕社会の開始・道具の変化・武器の発達・装飾品の生産・鉄器化などという変遷を京都の遺跡調査の実態から学生たちは学んでいます。
  本展示は、同志社大学で弥生~古墳時代研究に取り組み始めた学生たちが、京都の弥生遺跡のトピックを取り上げたものです。
 京都盆地の主要弥生遺跡の何が京都の弥生文化を代表し、何が議論されているのかに焦点を当てます。学生の関心と京都の弥生文化の個性を同時に知っていただければと思います。

展覧会名 京都市考古資料館合同企画展「よみがえる京都のYayoi―同大生は見た!!―」
会期 2020年12月15日
〜 2021年1月24日
開館時間 09:00 – 17:00

(入館は16:30まで)

休館日

月曜日(月曜日が祝休日の場合は翌火曜日)
年末年始(12/28~1/4)

入場料

入場無料

URL https://www.kyoto-arc.or.jp/blog/jp-mus-exhibition/3717.html?cat=11
PDF よみがえる京都のYayoi-同大生は見た!!-